子宮内膜症とはどんなものなのでしょうか

子宮内膜症と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。この子宮内膜症がどんなものか知っていますか?

まず子宮内膜と言うのは子宮の内側部分をおおっている粘膜の事を指しています。

子宮内膜の役目としては、受精卵が着床するところと言うもので、精子と乱視が受精して妊娠すると、この子宮内膜に着床します。簡単に言うと受精卵のベッドみたいな感じですね。

妊娠をしない場合には毎月1回子宮内膜が剥がれて出血と一緒に体外に排出されます。これが月経です。

子宮内膜症とは卵巣や肺など子宮内膜があるべき場所以外のところにできてしまうことを指しています。

子宮内膜症になってしまった場合、自覚症状として多いのは月経痛かもしれません。その痛みは月経が来る度に重くなってくるのも特徴です。またひどくなると月経の時だけではなく、月経以外の場合にも腹痛を起こす場合もあるようです。またその痛みは腹痛だけにとどまらず、排便のときや性交のときにも出てくるときがあるようです。

また、子宮内膜症の症状として不妊症になってしまう可能性があるようです。

子宮内膜症になってしまう原因についてですが、これは未だにはっきりとは解明されていないようです。
月経のときに出血と一緒に排出される子宮内膜が途中で腹膜にくっついてしまうのが原因ではないかという見方もあるようです。
一度発症してしまうと女性ホルモンの影響も手伝って増殖してしまうので悪化していくのではないかとも言われています。