子供(幼児)に習い事をさせるまえの注意点

幼児教育の一環で注意しなければならないことを挙げてみたいと思います。

習い事を小さいころからさせておきたいというのは親の願いだと思います。しかし、親が子供にさせたい習い事と子供がやりたい習い事というのには差があると思います。

どういうことかといいますと、親の場合ですが男の子には男らしくスポーツ系の習い事や柔道みたいに精神的に鍛えてくれる武道系の習い事などが好まれると思います。また女の子には女の子らしく、感性を鍛えてくれればいいなという願いから音楽系、例えばピアノとかバレエとかを習わせたいという思いが出てくる傾向にあります。

しかし、それは子供が習ってみたい習い事と必ずしも一致するわけではありません。例えば男の子がピアノを習いたいと思うかもしれませんし、女の子が柔道を習いたいと思うかもしれません。それをどうやって折り合いをつけるかが親として考えなくてはならないことです。

また、医者や華道、茶道などのお子さんなどは、それに関係するような習い事をどうしてもさせなくてはならないというプレッシャーを与えている場合もあるでしょう。

また何を習わせたらいいか分からなくて、友達やおばあちゃんたちに聞いてみるということもあるかもしれません。あるいは近所のお友達が習っているからと決めるかも知れません。

こうなると何のために習い事をさせているのか分からなくなりますよね。誰かと比較することなく、子供が習いたいことを聞いて親が絞り込むこういったスタンスの方がよりうまく子供が伸びるきっかけになるのではないでしょうか。