個人での取引が便利になったFX : FX(外国為替証拠金取引)で億万長者になるためのブログ

個人での取引が便利になったFX

ネット取引は人件費がかかっていないため、手数料が安いのです。

FXの初心者は電話での取引が多いといわれます。最初は、出来るだけ誰かにアドバイスを受けながら、またはいろいろと聞きながらのほうが安心して取引できます。

決済方法は、直物為替と先物為替があります。直物為替は現時点での価格の通貨の交換で、先物為替は将来の時点での通貨価格の交換となります。

取引単位は一枚あたり一万通貨単位となります。通常は、外国為替取引は銀行間で行われていたものです。

そういった場合は単位も大きく、100万通貨単位でした。つまり、USD(米ドル)を買うとなると一億円以上の資金が必要となるわけです。

個人での取引はそのようにして取引しやすい単位となりました。FX取引で重要なのはFX取引保証金です。これはFX取引時に担保となるお金をいいます。

そして、取引時間は日本時間の月曜7時からニューヨーク時間の金曜午後5時までとなります。時差があるのでこうなります。つまり取引会社で働いている人の時間に合わせているといってもよいかと思います。