取引コストを考える

まず、見なければ行けないのが、取引コストや、手数料でしょう。基本的な手数料ですが、取引上必ずかかるコストであり、取引が社によってずいぶん差があるようです。

法外な手数料をとるところは少し危険です。平均的には片道、1000円~1500円といった感じのようで、一回に500円違ってくるとかトータルで大幅な差額が出てきます。手数料については出来る限り安いものの方がいいというわけではありませんので、ご注意ください。

手数料以外でのチェックポイントは、スプレッド、レバレッジは保証金に対してどれぐらいか、取引通貨は豊富か、スワップ金利はどうか、注文がしやすそうかなどもチェックすべきです。

もちろん、それらの用語の意味をよくしらべてからにしてください。

そして、何よりも大事なのが信用のおける取引会社であるかどうかということです。

中には、明らかに信用できないであろうという取引会社もありますが、目安にできるのが、法規制なのです。

FXで億万長者になりたいのですから、分かりやすくて、確実性の高い見極め方法がありがたいでしょう。

金融庁の法規制が入るまでは悪徳取引会社が後をたちませんでした。FXで億万長者になりたい人たちの大事な資産を持ち逃げしてしまった会社もたくさんありました。