株よりFXの方が有利な訳

いわゆる見かけの投入資金に対するリターンもリスクも大きくなるというわけです。

一方、流動性リスクといわれているのが、株式です。市場に出回っている量に限りがあり、価格が暴騰、暴落した時に、買いたくても買えない、売りたくても売れない状態になってしまうことがあります。

これと比べるとFXの場合は、通貨が対象になっていますから、量に限りはありません。売りたいだけ、買いたいだけの通貨の量が市場に出回っています。

とくに良く出回っているメジャーな外貨、ドル、ユーロ、ポンドなどならば暴騰、暴落があったとしても、買えないとか売れない状態になることはないのです。