検索エンジンへ登録する必要性

ブログやホームページなど、Webサイトをどんなに検索エンジンに最適化させてクローラがコンテンツを解析しやすい状態にしたとしても、検索エンジンのインデックスに登録されていなければ絶対に検索にヒットすることはありません。

GoogleやYahoo!、MSNの検索窓にキーワードを入力して検索ボタンを押すと、数秒でキーワードと関連性のあるページ一覧を画面に表示してくれます。

ところで検索エンジンはその都度、数百億というWebページに実際にアクセスして検索ワードに合致するページを集めているのではありません。1日数十億という検索リクエストに数百億というWebが存在するのですから、そんなことは現実的ではありません。

そこで検索エンジンは、クローラと呼ばれるWebページ収集ソフトウェアを利用してあらかじめインターネット上を駆け回り、データベースの中にこれらの情報を保存しておくのです。

これがインデックスと呼ばれるものです。私たちが検索をするとき、実際には検索エンジンがこのインデックスの中から合致する情報を検索結果に表示していることになります。

SEOをしている私たちの観点から見つめなおすと、
(1) 検索エンジンにヒットさせるためにまずインデックスに登録することが必要、
(2) つねに最新の情報を多くの人に見てもらうためには(毎日更新しているようなサイトを運営しているのであれば)、クローラにできるだけ多く来訪してもらう仕組みづくりが必要であるということがいえます。