にきびの予防・対策

にきびとは、毛穴部分の炎症や化膿を伴う皮膚疾患。一般にホルモンの分泌が安定する20歳くらいになるとにきびは自然に消えていくことが多いのですが、大人になってからできるにきびもあります。このようなにきびは治りにくく、にきび跡も残りやすくなるため、早めのケアが大切です。

にきびの予防・対策として、次のようなことが挙げられます。

・正しい洗顔を少なくとも1日に2、3回する。

・洗顔後は、化粧水、美容液(ビタミンC誘導体を含むものが効果的)でケアする。

・殺菌作用のあるラベンダー油やティートリー油などのエッセンシャルオイルもGood。

・規則正しい生活。

・ストレスをなくす。

・十分な睡眠。

・適度な運動。

肌のサイクル(ターンオーバー)は、28日といわれています。できてしまったにきびに対して、正しい洗顔は有効な治療法ですので、根気よく続けること。と同時に、専門医に見てもらうことも大切。にきびは悪化するとシミや跡(あばた・クレーター)になってしまい、一度シミや跡ができてしまうと自然に治ることはありません。大人にきびの原因は人さまざま。専門家に相談し、自分に合った対策・治療をするようにしましょう。