包茎とは

包茎は男性にとっては悩みの種です。

包茎とは小児ではあたりまえですが、カラダが成長しても、亀頭が包皮におおわれたままで、露出できない場合を包茎と言います。皮かぶりともいいます。高校生ぐらいまでに包皮がむければ問題ありません。

包茎は自覚症状が特にありません。しかし、包茎では亀頭部が不潔になったり、包皮内に恥垢がたまりやすくなります。そうなると炎症を起こすこともあります。ごくまれに、腎臓まで炎症を起こすことがあります。

包茎といっても、ふだんは包皮におおわれていても、包皮を反転することができるのなら何ら問題はないのです。むしろ、ペニスを清潔に保つことができるかどうかが重要と言えます。

包茎には真性包茎と仮性包茎があり、真性包茎の場合は手術が必要です。