包茎手術とは

包茎になると包皮がめくれないため、排尿や性行為の妨げとなり、尿路感染症などのリスクが高くなります。これを解消するために、包茎手術がなされます。

子供の場合は全身麻酔下で手術されますが、大人の場合は、局所麻酔で日帰り手術となります。

包茎手術の方法は、包茎の状態によって異なります。仮性包茎だと、メスを使わずに糸を使った、包皮がむけるように癖付けするための手術もあります。真性包茎・カントン包茎の方には切る手術です。この場合は環状切除が一般的です。手術痕が残らないように切開方法を工夫した手術もあります。

包茎手術は痛いというイメージが多いですが、最近は無痛治療を心がけている病院も増えてきています。包茎手術を受ける場合、症例数が多いことや、相談にきちんとのってくれること、また専門で包茎手術をしていることを基準として、病院を選ぶようにしましょう。