便秘の予防 : あなたの悩み解決します!

便秘の予防

便秘とは、便の排泄が困難になっている状態のことで、腸の疾患や病変以外に、食生活や生活習慣、ストレスなどが主なも原因となって引き起こります。

では、便秘にならないためにはどのようにすればいいでしょうか。

・食物繊維を摂る~1日に20gの食物繊維を摂ることを目標に、きのこ類、海藻類、根野菜、果物類など、食物繊維を多く含む食品を積極的に摂る。また、オリゴ糖やビフィズス菌の摂取もいい。

・水分の摂取~水分は大便を柔らかく保ち、通りをよくするので、十分摂ることが大事。ただし、カフェインやアルコールを含む飲料は、消化器の水分を減らす傾向があるため避ける。

・規則正しい生活~特に大切にしたいのが、朝食。空になったお腹に刺激を与えることで、腸の活動が開始され、便意をもよおすことになる。

・適度な運動~毎日20~30分の歩行や軽い腹筋やストレッチなどを行う。

・排便の時間を十分に取る~便意を無視することは便秘につながる。

・便秘薬の常用は避ける~腸が薬の刺激に慣れてしまい、腹筋が弱まったり、多量に飲まないと効かなくなることもある。

・ストレスをためない~精神的ストレスが積もると自律神経の働きが乱れ便秘を起こしやすくなるため、ストレスは上手に発散する。

以上のようなことに留意して、便秘にならないよう注意しましょう。また長く続く便秘や、便秘をしなかった人が、急に便秘になった場合などは早めに病院へ行き診てもらうようにしましょう。