O脚とは : あなたの悩み解決します!

O脚とは

O脚とは、まっすぐに立ち両足を外側に10~15度開いて内側のくるぶしを密着させたとき、ひざの左右の内側が接しないものをいいます。

人間は生まれたときは誰でもO脚です。しかし、親が乳幼児期に早く歩かせようとした結果、膝の内側の骨の発育が鈍り、O脚になったまま成長してしまうことも。つまり、脚の外側に過剰に体重がかかり、大たい骨・けい骨(膝から下の骨)・膝関節が外側に変形してしまうというわけです。

O脚は、3~4歳頃になるとしだいにX脚となり、その後成長するにしたがってまっすぐになっていきます。しかし、3~4歳になってもO脚のままの場合は、整形外科で治療をし、悪化する前に改善したほうがいいでしょう。7歳以上になると、手術をしなければ治らない場合もあります。

O脚は、体を支える足元が不安定になりますから、膝や腰の関節に余計な負担がかかってしまいます。そのため、放置しておくと、高齢になってから「変形膝関節症」を引き起こすことも。さらに、血流が悪くなって、冷え性、むくみ性になりやすいなど、いろんなトラブルを起こす可能性が高いのです。

O脚は、年齢や時間とともに、治療が困難になっていくともいわれています。体に大きな異常が出ないうちに、早めのケアをしましょう。