不妊症とは

不妊症とは、正常な夫婦生活があって、2年以内に妊娠しない場合をいいます。過去に妊娠の経験がないものを原発性不妊、妊娠したことはあるがその後2年以上妊娠しない場合を続発性不妊といいます。子どもが欲しい夫婦にとって不妊は切実な問題ですね。

不妊症の原因はいくつかありますが、男性側の原因としては、そのほとんどが精子の数が少ないか、または元気がない場合。まれに無精子症もあります。男性の不妊症は、ここ50年間で急増しており、環境ホルモンなどが原因として挙げられています。

一方、女性が原因の場合は、

・排卵障害~排卵に導くホルモンの分泌不調。卵巣で卵胞がうまく発育しない。卵胞の破裂が起こらない。卵巣の異常など。

・卵管障害~卵管が癒着したり、狭くなったり、閉塞している。

・着床障害~子宮内膜不良により受精卵が着床しない。原因は、子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、子宮内膜の癒着、子宮の形の異常、黄体ホルモン不足など。

・抗精子抗体~精子を異物とみなしてしまう特殊な抗体が頚管粘液の中にあり、精子を殺してしまう。

・子宮内膜症~子宮の内腔をカバーしている子宮内膜という粘膜が、子宮内腔以外の場所にとび火し、そこで増殖する病気。子宮内膜症は、卵管や卵巣、子宮の癒着を起こし不妊症の原因となる。また、癒着ばかりではなく、内膜症そのものが不妊原因となることも。

・年齢因子~30歳を超えると、年に数%ずつ機能が下がり35歳以上になると急に下がる。特に卵子の老化が著しい。

・原因不明~不妊原因が特定できない。

以上のことなどが考えられますが、不妊症はさまざまな要素が絡まりあって起こるので、簡単に予測することはできません。しかし女性側の場合、生理不順や生理痛から不妊症を予測することは可能です。

不妊症は、時が経つとどんどん治りにくくなります。少しでも異常を感じた場合は、早めに相談・対処することをお勧めします。