にきびの種類

にきびとは、過剰な皮脂分泌によって角質が厚くなり、毛穴がつまり、そこにアクネ菌などの細菌が関わって炎症を起こすこと。一般に20代になりホルモンの分泌が安定すると、にきびは自然と減っていくことが多いようです。しかし、25歳以上を過ぎてできるにきびは、角質機能の低下に原因があることが多く、角質の新陳代謝がうまくいっていないために古い角質が毛穴を塞いでしまう結果、にきびを作ってしまいます。

にきびは、いくつかの種類に分けられます。

白にきびにきびができる初期の段階。角栓で毛穴が塞がれて皮脂が外に出ることができずに皮膚が盛り上がってくるにきび。

黒にきびにきびの初期段階の状態。毛穴を中心にして肌の角質と酸化した皮脂が固まり、毛穴が開いて、にきびの中心が黒くなった状態のこと。痛みなどもなく、皮膚表面にでっぱりもないため、化粧などで隠して、ついそのまま放置してしまいがちですが、それが原因で悪化してしまうことも。

赤にきび~アクネ菌が炎症を起こす物質をつくり出し、皮膚に赤いブツブツが出きてしまう状態。

あごにきび~あごや首にできるにきびで、大人になってできるにきびの代表。

一般的に白にきび黒にきび赤にきびの順で症状が重く、治療の難易度も高くなっていきます。

大人になっても続くにきびに悩まされている女性は多いようです。にきびの原因は人それぞれで、一概にはこれとはいえませんが、便秘や不規則な生活、ストレス、食事、睡眠不足、普段のスキンケアやお化粧、さらに婦人科のトラブルを抱えている場合もにきびができやすいといわれ、これらが複雑に絡み合ってにきびができることもあります。

大人にきびは治りにくいだけでなく、にきび跡が残って肌の表面がデコボコになったり、シミの原因になってしまうこともあるので、きちんとした対策が必要です。