ASPとは : アフィリエイトで不労所得!ネットで楽して儲けよう

ASPとは

「ASP」とは、「アフィリエイト・サービス・プロバイダ(Affiliate Service Provider)」の略で、インターネットで広告を配信するためのサービス・プロバイダ、いわゆるアフィリエイト・サービスの代理店です。

ASPについて、もっと具体的に説明すると――アフィリエイトをする際は、どのような媒体を使う場合でも、まずは広告が必要です。その広告を提供しているのがASPというわけです。つまりASPは広告主とアフィリエイターの仲介をしているわけですね。

ASPは巷に数多くありますので、アフィリエイトを始める際は、自分が売りたい商品や貼りたいサイトの内容などを考慮し、目的に合ったASPを検討・登録するといいでしょう。

ただし、ASPには当然ながら審査があります。審査に通るのはそう難しいことではありませんが、それでも一定の基準を満たしていないと通りませんので、ASPが提示する条件をよく確認することが大切です。