アプラス 新生銀行~1 : 新生銀行グループのアプラス

アプラス 新生銀行~1

 株式会社アプラスは、新生銀行系の大手信販・クレジットカード会社です。もともとは東京の日本信用販売(現:三菱UFJニコス)で、当時の通商産業省(通産省、現:経済産業省)の指導で地域分割を余儀なくされ「大阪信用販売」の名称で1956年に発足されました。1978年に「大信販」に社名変更、1992年に現社名になりました。

 2004年まではUFJ銀行(旧三和銀行)の系列でしたが、同年9月に新生銀行の子会社となり、同行グループのリテール中核企業になりました。
なお、現在、会長にUFJ銀行出身で現・新生銀行会長である杉山淳二(非常勤)が、社長には新生銀行副社長であったクラーク・グラニンジャーが就いています。

 新生銀行はノンバンク・グループ戦略の一環としてリテール・ノンバンクビジネスをアプラスに一元化し効率化を図る為に2005年9月にクレジットカード事業を目的とした新生カードを解散し、2006年4月にはショッピングクレジット専業会社の新生セールスファイナンスをアプラスに譲渡しました。また、アプラスは新生銀行の子会社になったことで同行の先進的技術による業務の効率化や組織の再編(新たな部署の新設・統廃合や社員削減)、人事制度改革(新生銀行同様に総合職と一般職の垣根をなくす)など会社の大幅な改革に現在、取り組んでいます。