カーレースドライバー中嶋悟 : カーレースあらかると

カーレースドライバー中嶋悟

カーレースの中でも、F1のファンは日本のみならず、世界各国に数多くいます。
カーレースのドライバーとして、タイトルは手に出来なかったものの、日本人F1ドライバー初のフルタイム走者になった中嶋悟さんをご存知ですか?

1987年にホンダからデビューし、チームメイトにはあの、アイルトン・セナがいました。短い期間でしたが、セナと共に日本におけるF1ブームを巻き起こしたのが中嶋悟さんです。

1989年には、日本人F1ドライバー初のファステストラップ(最速周回記録)を記録し、4位に入賞。2004年に佐藤琢磨さんがラップリーダーを記録するまでは、日本人で誰一人として、(1位)という記録を獲得出来た人はいませんでした。

引退した後も、カーレース元ドライバーとして、新人ドライバーの育成などを積極的に行い、佐藤琢磨さんなどのドライバーを輩出しました。
レースからは離れてしまいましたが、中嶋悟さんの息子がF1デビューを果たしましたので、これからも中嶋家から目が離せませんね。