クラシックとは

クラシック(classic)とは、もともとは古典もしくは古典的なもの全般を指す言葉ですが、、現代では特に古典音楽のみを指すことが多いようです。ここでも、以下「クラシック=古典音楽」ということで話を進めていきます。

クラシックは、主に西洋の古典音楽のみを指し、それ以外の地域の古典音楽に関しては「民族音楽」と呼ばれます。逆に、たとえ現代の音楽であっても、西洋の古典音楽の流れ上にあるものはクラシックと呼ばれ、「ポピュラー音楽」と区別されています。

クラシックは学校の音楽教育において活用されていることもあり、日本人の間でもバッハやヘンデル、ベートーベンやモーツァルト、ショパンやワーグナーなどの曲が有名です。特にオーケストラやピアノによる曲は、クラシックの中でも一般受けする傾向があるようですね。

クラシックは基本的にクラシック用の楽器で演奏されますが、現代の楽器で演奏したり編曲したりするアーティストも多く、時代を越えて世界中の多くの人々に今なお愛され続けています。