クラシックの楽しみ方

クラシックの楽しみ方は、大きく分けて、「聴く」「演奏する」の2つがあります。

クラシックを手軽に楽しむには、やはり聴くことから入るのがいいでしょう。

クラシックは学校の音楽鑑賞で活用されることもあって、とかく「長くて堅苦しいもの」と思われがちですが、それは学校の授業時間に合わせた選曲の結果で、ポピュラー音楽同様に短い曲もたくさんあります。

特にバッハに代表されるバロック音楽は、曲の長さが現代人向けかもしれません。クラシック初心者は、こうした短い曲から試すのもいいでしょう。

これからクラシックを楽しんでみたいと思われている方は、「白鳥の湖」とか「四季」等ポピュラーな曲の演奏会に行ってみてください。

クラシックの醍醐味は、やはり演奏すること。といっても、何も特別な楽器は必要ありません。もちろんプロの演奏では、「ピリオド楽器(古楽器)」といって、クラシック音楽が作曲された当時の楽器を使うことも少なくありません。

しかし主流は電気を使わないアコースティック楽器ですので、わたしたちがクラシック音楽を楽しむ場合は、手元にある楽器を使っても全く構いません。

逆にエレキギターで弾くバッハや、民族楽器で弾く「グレゴリオ聖歌」などは、クラシック音楽の新しい可能性を感じさせてくれるということで、しばしば話題に上るほどです。