クラシック音楽の歴史―ルネサンス音楽以降 : クラシック音楽 初歩の初歩

クラシック音楽の歴史―ルネサンス音楽以降

クラシック音楽の歴史は、ルネサンス期(15世紀から16世紀)に至り、ほかの学問や芸術などの分野同様、急激な変化を遂げます。

ルネサンス期は歴史的に見ても非常に特殊な時代で、クラシック音楽においては、革新的な技法や名のあるアーティストが輩出されることになりました。

ルネサンス期のクラシック音楽は、声楽による宗教音楽が中心でした。

その特徴はポリフォニー(多声部音楽)。ポリフォニーは独立した複数の声部から成り、主旋律というものがなく、どの声部も独立した美しいメロディーとなっています。

ルネサンス期のクラシック音楽の巨匠としては、デュファイやラッスス、パレストリーナ、タリス、モンテヴェルディなどが挙げられます。

ルネサンス期のクラシック音楽は、その後の音楽の歴史にも大きな影響を残すことになりました。そのため、バロック期以降、クラシック音楽の歴史はより輝かしいものになっていくのです。