クラシック音楽の種類―年代による分類 : クラシック音楽 初歩の初歩

クラシック音楽の種類―年代による分類

クラシック音楽とは、西洋の古典音楽および、その流れをくむ現代の音楽の総称です。

クラシック音楽と一言でいっても、時代や国によって、その種類はさまざま。同じクラシック音楽でも、種類によって全然曲調や演奏スタイルなどが変わってきます。それゆえ、リスナーの好みも結構はっきり分かれています。

クラシック音楽の種類分けには、いくつか方法がありますが、学校でも習う、一番オーソドックスな種類分けは、年代による分類でしょう。クラシック音楽の中心地は、多くの場合、現代のドイツやオーストリア、イタリアなどで、これらの地は陸続きであったこともあり、国は違っても、その音楽スタイルの影響が他国に伝わるのは意外と早かったようです。

クラシック音楽を年代によって種類分けすると、おおよそ以下のようになります。

・古代西洋音楽(6世紀以前の西洋音楽。古代ギリシア~)

・中世西洋音楽(6世紀頃~15世紀)

・ルネサンス音楽(15世紀~16世紀)

・バロック音楽(17世紀初頭~18世紀中頃)

・古典派(18世紀後半)

・ロマン派(19世紀)

・新古典派音楽(20世紀前半)

・近代音楽

・現代音楽