クラシック音楽の種類―演奏スタイル

クラシック音楽は、学校においては年代によって種類分けされて教えられることも多いですが、同じ年代のクラシック音楽でも、同じ種類とは思えないような違いが見受けられることが多々あります。

クラシック音楽の種類分けにおいて、年代による種類分けと同じくらい多用されているのが、使う楽器やその組み合わせなどの、演奏スタイルによる種類分け。これはCD販売店の陳列棚などでもよく見られる種類分けで、「合唱曲」「ピアノ曲」「オーケストラ」などといったものです。

クラシック音楽の演奏スタイルの種類には、例として以下のようなものがあります。

・ピアノ曲

・チェロ曲

・ヴァイオリン曲

・歌劇(オペラ)

・管弦楽曲

・器楽曲

・協奏曲(コンチェルト)

・弦楽四重奏曲

・交響曲(シンフォニー)

・室内楽曲

・声楽曲

こうした種類分けは、楽器に対するこだわりがある人にとっては重要なもの。どの楽器や演奏スタイルも、現代に至るまで、それぞれが多くの人に支持されています。