クラシックオーケストラとは

オーケストラとは、主にクラシックを演奏するために編成された団体です。とはいえ、クラシック以外を演奏するオーケストラも現代では少なくないので、クラシックを演奏するオーケストラを特に「クラシックオーケストラ」と呼ぶこともあります。

クラシックオーケストラは一般的に、以下のメンバーおよび楽器によって編成されています。

・弦楽器(第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)

・木管楽器(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット)

・金管楽器(ホルン、トランペット)

・打楽器(ティンパニ)

クラシックオーケストラでも、大規模なものやロマン派音楽を専門に演奏するようなものになると、楽器の種類や人員もさらに増えますし、鍵盤楽器としてピアノなどが加わることもあります。またバロック音楽を専門に扱う際はリコーダーが入ることもあり、クラシックオーケストラの編成は厳密なものはないと言えます。

クラシックオーケストラにおいては、実は指揮者はオーケストラの一員とは扱われません。よって、大規模なクラシックオーケストラでは、公演ごとに指揮者が変わることもあります。また、第1ヴァイオリンのトップ(首席奏者)には「コンサートマスター(女性の場合はコンサートミストレス)」が呼ばれる職も与えられ、指揮者に次ぐ権限を持つことになります。