クラシックと指揮者

指揮者は、クラシックオーケストラにおいては絶対になくてはならない存在です。クラシックにあまり興味のない方は、「クラシックなんて誰が指揮者でも同じようなもの」と思われるかもしれませんが、そんな方でも、同じ曲でも指揮者の違うものをいくつか聞き比べてみると、指揮者の役割というものを痛感することになるでしょう。

クラシックの世界においては、現代のポピュラー音楽とは違い、同じ曲を世界中の指揮者とアーティストが演奏します。よって、それぞれのオーケストラを特徴づけるのは、その選曲と演奏ということになります。

クラシック音楽、特にオーケストラの演奏の方向性を決定付けるのは、やはりその指揮者の解釈。同じ曲の演奏でも、非常に厳格な解釈をする指揮者もいれば、モダンで伸びやかな解釈をする指揮者もいて、極端な場合は、同じ曲だとは思えないほどです。例えば自分の場合、リヒター指揮の禁欲的な「マタイ受難曲」を聴いた後、ヘレヴェッヘ指揮のあっさりした「マタイ」を勧められましたが、そのあまりの違いに愕然としたものです。

クラシック音楽のコンサートやCDを選ぶ場合、それぞれの指揮者の特徴を踏まえた上で選ぶと、より気持ちよく楽しめることと思います。