クレジットカードとは信用販売に使われるカードのことです

クレジットカードとは信用販売に使われるカードのことです。信用販売とは品物を先に渡し、代金を後から受け取る販売方法のことで、代金後払いを認める販売方法です。

クレジットカードを使用すれば、その場でお金を払わなくても、品物を手に入れることが出来ます。

ただし、それぞれのお店が個々の客に対して信用販売を行うのは大変リスクがあります。

クレジットカード会社は、信用販売で店側が負わなければならないリスクを肩代わりしてくれます。

クレジットカード会社は、そのクレジットカードに加盟している店へのカードの使用者がすべき支払を肩代わりし、後でカード使用者の所定口座から利用額を引き落とすかたちをとります。

クレジットカード会社は、かわりに加盟店から手数料を徴収して利益を得ます。