クレジットカードとは

クレジットカードとは、商品を購入するときに提示すると、その場でお金を払わずに、買い物が出来るカードのことです。

クレジットカードは、そのクレジットカードに加盟しているお店でしか使えません。

仕組みとしては、クレジットカード会社が、そのクレジットカードに加盟している店へのカードの使用者がすべき支払を肩代わりし、後でカード使用者の所定口座から利用額が引き落とされるかたちになります。

クレジットカードがあれば、お金を持ち歩くことなく買い物やサービスが受けられ、非常に便利です。もちろんそのクレジットカードの会員になっていなければ利用できない仕組みなっています。

ちなみにクレジットカードの「クレジット」とは、クレジットカード会社が会員を「クレジット(日本語で信用)する」という意味で名付けられているようです。