クレジットカードの不正使用について : クレジットカード119番

クレジットカードの不正使用について

クレジットカードの不正使用事件が頻発しているようですね。

クレジットカードの不正使用として最近増えているのはクレジットカードが会員本人の元にあるにもかかわらず、何者かに不正使用されているパターンのようです。

以前はクレジットカードが盗まれ、盗まれたクレジットカードが不正使用されることが多かったようです。しかしクレジットカードは、盗まれたと分かれば、クレジットカード会社に連絡することでカードが無効化されます。無効化したクレジットカードを不正使用すれば、犯人は捕まってしまうでしょう。

それに対し、クレジットカードが会員本人の元にあるにもかかわらず、何者かに不正使用されているパターンでは、本人が不正使用されたと気付くまでに時間がかかるため、犯人が見つかりにくいのです。