法人クレジットカードとは : クレジットカード119番

法人クレジットカードとは

クレジットカード(Credit card)とは、商品を購入する際の支払手段の一つで、利用者の信用を基に、支払いを先送りするプラスチックカードをいいます。カードには磁気(磁気ストライプ)とICとがあります。

クレジットカードには、契約者の番号その他が記載または記録されています。利用者はこのカードを利用して、予め定められた条件(有効期限や利用限度額等)の範囲で、代金後払いでの商品を購入したり、サービスを受けたりすることができます。

このクレジットカードを法人組織に対して発行しているものを、法人クレジットカードといいます。

法人クレジットカードには、コーポレート(クレジット)カードやビジネス(クレジット)カード、福利厚生カードなどがあります。

コーポレート(クレジット)カードは、主に大企業を対象に発行されるカードで、法人側が任意にカードの発行枚数(利用者)を指定できることもあります。

ビジネス(クレジット)カードは、日本の一部のカード会社による独自のカードで、個人事業者向けに発行されています。

福利厚生カードは、福利厚生のために法人に所属する人や職域生協の組合員に対し発行されています。

法人クレジットカードと個人カードとの違いは、基本的にはありません。ただし、法人カードによっては一切ポイントが貯まらない法人カードや、一部カード利用に利用限度額の制限などを設けていることもあります。しかしその一方で、法人クレジットカードには、会社(法人)と個人双方にクレジットカードのポイントをつけるなどの特典があるものもあります。