法人クレジットカードの特徴

法人クレジットカードとは、法人(企業や個人事業主)向けに発行されているクレジットカードで、個人事業登録していない限り、個人で作ることはできません。

法人クレジットカードの特徴は、個人とは違い、企業は倒産というリスクがあるため、それなりの経営状況の会社でなければカードを作ることはできません。基本的には3年以上の経営歴があり、黒字であることが前提条件です(審査によってはそれ以下でも発行できることもある)。

法人クレジットカードと個人クレジットカードの使い方はほぼ同じです。では、法人クレジットカードを作るメリットは何でしょうか。

法人クレジットカードの利点は、企業が従業員に法人クレジットカードを持たせることで、出張旅費や交際費などの経費をクレジットカードで清算させ、これにより、経費の立替費や経理事務手続きがシンプルになるという点が最大のメリットといえます。

また、クレジットカード処理をさせることで、接待費や出張費、消耗品購入費などの費用はカード会社が立て替えるため、企業側は支払日まで現金を用意する必要がありません。これも大きなメリットといえるでしょう。

さらに、コーポレートカードでは、ゴールドカードに準ずるサービスが付与されるので、出張したときの空港ラウンジや旅行傷害保険が無料付帯されるなどのメリットもあります。