デビットカードとは

デビットカードとは、店で買い物をするときに、金融機関のキャッシュカードを使って直接支払いができるサービス。

日本では、1998年6月に郵政省や都市銀行などが中心になって「日本デビットカード推進協議会」を設立し、「J-debit」という名称で1999年1月からサービスを開始。「J-Debit」のロゴマークのある加盟店であれば、現金の代わりに使用することができます。

デビットカードの機能は、加盟金融機関のキャッシュカードに自動的に付帯され、年齢制限や審査がありません。また、会費や利用料がかからず、休日や夜間も含め手数料も不要です。

デビットカードの利用法はいたって簡単で、店頭に設置されている端末機にカードを挿入し、暗証番号を入力するだけ。あとは、銀行口座から代金が引き落とされ決済が行われます。

デビットカードは、クレジットカードのようにサインする手間がなく、おつりのやり取りもなく、現金での支払いよりもスムーズにできる便利なシステムといえるでしょう。