デビットカードのメリット

デビットカードとは、ショッピングの際に銀行などの預金口座から即時、また数日後までに引き落として支払うクレジットカードに似たサービスのことです。

デビットカードの機能は、銀行のキャッシュカードを作るとき自動的に付与されます(一部クレジットカード会社などでは、デビットカードを発行しているところもある)。

デビットカードは、クレジットカードと同じく現金を持っていなくてもショッピングができるとても便利なサービスですが、ほかにどのようなメリットがあるのでしょうか。

デビットカードのメリットとして、

・預金残高の範囲内でしか支払えないため、借金をすることがない。

・即時引き落としなので、あとで支払いに困ることがない。

・会費、利用料、手数料などいっさいかからない。

・キャッシュカードがそのままデビットカードとして使えるので、面倒な書面による契約手続きがない。

・支払いはキャッシュカードを提示、暗証番号をプッシュするだけ。

などが挙げられます。

一方、デビットカード加盟店にとっても、即時決済・即入金のため確実に売り上げの回収が行える、手数料がクレジットカードより安い、釣り銭の間違いがないなどのメリットがあります。

デビットカードは、これまで現金とクレジットカードが中心だった決済方法に新たな方法として登場しました。キャッシュカードとしての機能と簡易クレジットカードとしての機能との二面性を持っているのがデビットカード最大の特徴といえるでしょう。