クレジットカードの手数料とは : クレジットカード119番

クレジットカードの手数料とは

クレジットカードの手数料には、カード会員が支払うものと、加盟店(小売店など)が支払うものとがあります。

カード会員が支払う手数料には、

・年会費(無料のところもある)

・分割払い・リボ払いの手数料

・キャッシングサービスの手数料

・ローンサービスの手数料

などがあります。1回払い、2回払い、ボーナス払いの際のクレジットカード手数料は、ほとんどの場合かかりません。

加盟店手数料とは、クレジットカード会社の加盟店になっている店が、消費者がカードを使って買い物をした金額の3%~7%ほどを手数料としてカード会社に支払うものです。

店側には、クレジットカードの手数料を支払ってでも加盟店になるメリットがあります。それは、支払い窓口を広くすることにより売り上げが上がることや、現金をもっていない客にも購入してもらえることなどです。

一方、カード会員が、激安店や居酒屋などで支払いをする際に、「カード払いだと3%の手数料が上乗せになります」などと言われることがあります。しかし、これは払う必要がありません。この場合の手数料とは、加盟店手数料を指すもので、本来店側がクレジットカード会社に支払うべきものだからです。

もし、上記の手数料を支払ってしまった場合、クレジットカード会社に通告すれば対処してくれることもありますので、泣き寝入りなどせず行動しましょう。