キャッシングをすれば利息が発生します

「クレジットカード社会」ともいわれる日本は、現在クレジットカード発行枚数が3億枚近くとなっており、クレジットカードの必要性がより高くなっています。一人で複数枚のクレジットカードをもっていることもあり前の時代になりましたね。

クレジットカードにはキャッシングという便利な機能がついています。キャッシングとは利用限度内でクレジット会社から一時的に小口の融資を受けて、翌月一括返済をするものです。返済回数が2回以上にわたるものをカードローンといいます。

キャッシングをすれば利息が発生します。例えば、30万円を年率29.2%で借り、30日後に返済する場合の計算法は、

元金×実質年率÷365×30(利用日数)=利息合計額、で計算します。

30万円×29.2%÷365×30日=7200円

となり、元金の30万円に利息の7200円を足した307,200円を返すことになります。

なおクレジットの利息は、会社によってかなり幅がありますので、利用する際によく注意する必要があります。

一方、キャッシングの返済期限に遅延した場合、遅延損害金といって損害賠償を請求されます。遅延損害金は利息制限法の定める法定金利の1.46倍までの年率を課すことができますので、返済は期日までにするようにしましょう。