スキニーとスリムジーンズの違い : スキニーで美脚効果

スキニーとスリムジーンズの違い

スキニーは、英語で「skinny」で「骨と皮ばかりの、やせた」という意味です。またデニムの語源は、フランス産のセルジュ・ドゥ・ニーム(英語ではデニム)を、ゴールドラッシュにわくアメリカ西海岸でテント地としてヒットさせたリーバイ・ストラウスが、その生地をインディゴで虫除け、蛇避けを兼ねて染めたものが、ブルーデニムであり、ジーンズの発祥です。
これまでは細いタイプのジーンズは「スリムジーンズ」とよばれていましたが、スキニーはさらにそれより細いということを強調しています。特にデザイン的には、ひざ下のデザインがぴったりフィットしている所に特徴があります。「スリムジーンズ」と「スキニーデニム」とは見た目もそれほど変わるわけではなく、「スタイルが変わる」「商品が新しくなる」といったインパクトを消費者に与えるために新しい用語を考え出しただけである、と批判的なむきもあるらしいですね。スキニーという言葉が商品名だと思っている人も多いかもしれませんが、そうではなくてスタイルのことを言うのですね。