化粧品サンプルの試し方 : 化粧品の基礎知識

化粧品サンプルの試し方

「サンプル」を配布、もしくは販売している化粧品は案外多いものです。使ったことのない化粧品をいきなり買って、使ってみたら大変なトラブルに見舞われたという例も結構多いですから(裁判沙汰というのもよく聞きます)、未知の商品を購入する際は、可能な限り先にサンプルを取り寄せて、安全性を確かめてから購入したいものです。

化粧品の多くは、大切な肌や髪に使うもの。トラブルが起こってからでは遅すぎますから、サンプルを取り寄せても、いきなり使ってはいけません。化粧品サンプル、まず最初に「パッチテスト」を行いましょう。

パッチテストとは、化粧品や薬剤などのアレルギー反応の有無を確認するための簡単なテスト。サンプルを二の腕などの目立たないところに10円玉大くらい塗って、そのまま1日放置します。その間に、たびたび様子を見ます。

パッチテストを始めてから一日の間に、かゆみや炎症や変色などがなければ、その化粧品は「恐らく」使っても大丈夫。しかし、パッチテストはあくまでも簡易テストですから、パッチテストでは問題なくても、長期間使用しているうちに問題が出てくるかもしれません。パッチテスト後は、少なくともサンプルを全部使い切ってから、その化粧品の購入を考えるといいでしょう。