化粧品のモニターとは : 化粧品の基礎知識

化粧品のモニターとは

化粧品のモニターとは、化粧品の臨床使用試験に参加する人のことをいいます。

化粧品メーカーは、製品を開発するためや厚生労働省などから必要な認可を取得するために、一般の人に製品をモニターしてもらい、必要なデータを収集することがあります。より安全でより機能性の高い化粧品開発のために、メーカーにとってはモニターから得られるデータは貴重なものとなります。

モニターに参加する人たちにとっても、最新の化粧品が試用でき、しかも謝礼として協力費も支払われるため、一石二鳥といえそうですね。

化粧品のモニターになるためには、まず募集しているメーカーや会社などの、募集要項に沿って登録をします。その後、指定したアドレスにメールが届き、必要事項を記入して送信、正式登録となります。登録後、登録情報にあった試験案内がメールなどで届きます。

化粧品のモニターに対しては、事前に「試験に関する説明」があります。そしてその説明に納得した場合に「同意書」にサインや捺印などをし、正式に参加することが多いようです。もちろん参加は自由意志によるものです。

化粧品モニターの募集をしているところはけっこうたくさんありますから、インターネットなどで調べて、興味があったら参加してみたらいかがでしょう。