株式投資の実際 : 稼げる!儲かる!ゼロから始める株式投資

株式投資の実際

株式投資には、投資する金額分のみ株を購入できる現物取引と、投資額を担保に約3倍の株を購入できる信用取引があります。

株で儲ける基本は、安いときに買い、高くなって利が乗れば、売って売買差益を得るものです。

現物取引では、投資した金額の範囲で、株の売買を行います。

購入した株の所有権を保有するので、企業の利益還元である配当や、株主優待品を受け取ることができます。

また、予想に反して購入時より株価が下がったり、万が一投資した企業が倒産しても、投資した金額以上の損失を出すことはありません。

株の信用取引で、投資額以上の株を購入する場合、例えば担保に対して3倍の株を購入し利益が出た場合は、売却した差額は全て利益になります。

100円の株を1000株買って、10円上がった場合の利益は、1万円です。3倍買えたなら、同じ値動きで3万円の利益を得ることになりますね。

信用取引の場合は、株価が高いときに、株を借りて売り、安くなったときに買い戻すことで差額を利益にする方法も使えます。

ただ、損失を出した場合は3倍の損失となり、時には担保以上の損失に至ることもあるので、注意が必要です。

先の例で100円の株を1000株の3倍購入し(担保10万)、暴落して半額の50円になってしまった場合、15万円の損失が発生します。5万円の赤字となり、証券会社から担保の追加を請求されます。

株式投資は現物で、自分の背丈にあった形で行うことがよいようです。