株主優待の実際

株主優待は、権利確定日にその企業の株を保有していた人に対して、送られてきます。年に一度の企業がほとんどで、権利を確定した人には、優待品だけではなく、企業の利益の配当金、株主総会への出席と発言権が与えられます。

株主優待の品が目当てで買われる人気企業の株は、権利確定日直前までは欲しい人が多くて値上がりし、確定日を過ぎると、目的を達した人の売りが大量に出され、買う人が減って、株価が下がってしまうことがあります。

優待が目当てなら、値上がりする前に買っておいたほうがよさそうです。

株価が権利確定日にピークに達することを見込んで、安いときに株を買っておき、確定日に権利を取らずに売却して利益を得る人もいます。

株の売買は、いかに差益を取るかを工夫することが大切ですね。

また、短期売買にこだわらず、財産とした気に入った企業の株を長期で保有し、優待と配当をもらっていく方法もあります。利回りが10%を超えるような企業もあり、銀行への預金に比べると運用効率がいいかもしれません。