スイングトレードとは

スイングトレードとは、デイトレードに並ぶ、短期の株取引の一つです。

スイングトレードでは、一日に何回も売買を行うデイトレードほど短いタイムスパンではないものの、買った株を手元に置くのはせいぜい数日。ちなみに、スイングトレードよりも若干長いタイムスパン(数週間程度)で行う売買は、「ポジショントレード」と呼ばれます。

スイングトレードは、デイトレードほど忙しくはありませんから、デイトレードに疲れた人にもオススメです。とはいえ、スイングトレードが楽だというわけではなく、やはりスイングトレードで儲けるにも、それなりのセンスとテクニックは必要なので、その点は勘違いしないようにする必要があります。

スイングトレードは、デイトレードと違い、ギャンブル性やゲーム性は低いと言えます。というのは、スイングトレードは直感ではなく、テクニカルチャートなどに基づく、ある程度の分析力が要求されるからです。また、デイトレードと比べると、一度の取引で得られる儲けが多い分、失敗したときの損失も大きいことを頭に入れておかなければなりません。特にデイトレードからスイングトレードに乗り換えようと思っている人は、この点をしっかり心得ておく必要があるでしょう。