東京証券取引所に上場する

東京証券取引所は、日本で最も有名かつ有力な証券取引所と言えるでしょう。ちなみに証券取引所はほかに、大阪、名古屋、福岡、札幌、ジャスダックの5つがありますが、日本経済における影響力に関しては、ほかの取引所に抜きん出ています。

東京証券取引所は、ほかの証券取引所同様、上場のための諸条件を儲けています。

東京証券取引所には、「第一部」「第二部」「マザーズ」の3つの市場がありますが、上場の条件として、

・第一部~時価総額500億円以上、発行済み株式数10万単位以上(以上、直接第一部に上場する場合。第二部から上がる場合は「40億円以上、2万単位以上」)。

・第二部~時価総額20億円以上、発行済み株式数4,000単位以上。

・マザーズ~時価総額10億円以上、発行済み株式数1,000単位以上。

といった規定があります。よって、東京証券取引所に上場するためには、まずは上記の条件を満たさなくてはなりません。