株の信用取引 : 稼げる!儲かる!ゼロから始める株式投資

株の信用取引

信用取引とは、証券会社からお金や株を借りて株式売買を行うことです。

信用取引には、「信用売り」「信用買い」の2種類があります。「信用売り」では株を、「信用買い」ではお金を借りることになります。

株を始めると、当然のことながら、欲しい株がどんどん出てきます。しかし皆が皆、欲しい株を無限に買える財力を持っているわけではありません。そこで、「お金はないけど株を売買したい」という人のために設けられたのが、この信用取引という制度。

信用取引では、クレジットカードのように、決済は後で行います。よって、そのときはお金がなくても、株の売買ができるというわけです。

ただし信用取引は、当然審査や限度額があるので、文字通りある程度の信用が必要になります。また、株で損をしても、借りたものは絶対返さなくてはなりませんし、金利もあります。

信用取引の制度を利用する際は、以上のことを念頭におき、安易に手を出さないようにしたいものです。