辻村明須香のような女子プロゴルファーを育てる

辻村明須香のような女子プロゴルファーを育ててみたいと思います。
今の日本の女子プロゴルフ界が盛況なのも、辻村明須香を筆頭に「美人」「かわいい」「おしゃれ」といった女子プロゴルファーがたくさん出てきたからなのです。

不動裕理は2000年から2005年まで6年連続賞金王になりましたが、この間に女子プロゴルフ界の人気は低迷し、賞金額・トーナメント数共に減少してきました。

そこに女子高生プロとして宮里藍が登場し、あっという間に優勝を重ねることでまた女子プロゴルフ界に人気が戻ってきました。
こういった歴史を振り返ってみると、やはり辻村明須香みたいなビジュアル系女子プロゴルファーは必要なのです。

ただ、トーナメントに出るためには、プロとしてデビューするだけではダメで、トーナメントプロの中でも上位に来なければいけません。
また、強いだけでもいけなくて、ファッションセンスがあったり、女性としてのマナーが良かったりというポイントも大切です。
辻村明須香のような女子プロゴルファーを育てるためには、ゴルフ以外のこともしっかりと教えられなければいけないということです。