ケイリンとは : 自転車競技について

ケイリンとは

日本発祥の公営競技である競輪を元に作られた競技で、それと区別するため「ケイリン」と表記されています。

現在では国際自転車競技連合(UCI) によって”KEIRIN”の名で正式種目と認定されており、世界選手権やオリンピック(2000年のシドニーオリンピックより、柔道に続いて日本生まれのスポーツとして2番目にオリンピック正式種目になった)などの国際大会でも競技が行われています。

なおオリンピックで行われる日本発祥のスポーツは柔道とケイリンの2種目のみであるため、日本のお家芸といわれています。

自転車競技種目のケイリンは、主に6名以上の選手で争われ、基本的なルールは競輪の先頭固定競走とほぼ同じです。

選手とは別に先頭誘導員が1人いて、電動アシスト自転車、またはデルニと呼ばれる特殊なオートバイを使い、決められた周回を先頭で空気抵抗を減らしながら走ります。なお先頭誘導員がいるのは、一番前にいる選手が風の抵抗を受けて不利になるのを避けるためです。

そして誘導員が責任周回を果たして圏内線の中へ退避する辺りから本格的に競走が始まり、各々1着でゴールできると思った位置からダッシュをかけます。

選手同士の連携は公営競技としての競輪とは異なりそれほど重視されない。そのため、競輪とは異なる戦術・技術を必要とする場合も多く、日本のトップ競輪選手といえども国際大会のケイリンにおいて強さを発揮できるとは限りません。

各組2人から4人が先着トーナメント方式で勝ち上がります。また敗者復活戦もあり、その勝者は準々決勝あたりで合流して勝敗の行方が面白くなります。